egashira.dev
Published on

Google Domains で取得したドメインにエイリアス設定しメールを送受信する

はじめに

Top 画面 にメールのアイコンを置いているが、そこでは Google Domains で取得したドメインを使ったメールアドレスを使用している。自身で取得したドメインをメールアドレスとして使用する際に、初めて設定したので手順をまとめてみた。

前提

前提としては、Google Domains でドメインを取得している状態で進めていく。また、Google Workspace は契約せずに無料で済ませることとする(現時点では、Google Workspace の個人プランで Gmail の独自設定はできないため、もし Workspace を契約するにはビジネスプランを選択する必要がある1)。

今回のゴール

最終的に、次の状態になることを目標として進める。

  • Google Domains で取得したドメインのメールアドレスでメールを受信し、Gmail 上で確認できる。
  • Gmail を使って、Google Domains で取得したドメインのメールアドレスからメールを送信できる。

受信設定

マイドメインを開き、設定したいドメインの「管理」をクリックし、サイドバーの「メールアドレス」を選択する。

エイリアス設定

以下の画像のように「メール転送」の「エイリアスの追加」から設定したいメールアドレスを入力する。

  • エイリアスメール:<使用したいエイリアス>
  • 既存の受信者のメールアドレス:<使用するメールアドレス>

Google Domains > email

僕の場合は、「既存の受信者のメールアドレス」には既存の Gmail アドレスを使用した。

メールを送信して確認

上記で設定した hello@egashira.dev にメールを送り、Gmail 上で受信できるか確認してみる。

check Gmail

任意のメールアドレスから、今回エイリアスを設定した hello@egashira.dev でメールを受信できた。

送信設定

Google Domains で取得したドメインで受信できたので、続いて Gmail の UI を使ってメールを送信できるようにする。

事前準備

アプリのパスワードを生成する必要があるが、その前に 2 段階認証を未設定の場合はこちらから設定する。

2 段階認証を設定すると、「アプリパスワード」という項目が出現するのでこちらから進める。

apppasswords

アプリパスワードの作成

「アプリを選択」ではその他を、名前には自分があとから見ても分かりやすい名前を付ける(私の場合は egashira.dev のメールアドレス とした)。

app passwords

作成できたら黄色の網掛け部分にパスワードが表示されるのでコピーし保存しておく。

app passwords2

エイリアス設定

続いて送信用のエイリアスを設定する。

Gmail の画面の右上の歯車マークから設定を開き、「すべての設定を表示」から、「アカウントとインポート」を開く。

accounts

「他のメールアドレスを追加」から追加設定に進む。

Add other email

名前には任意の名前を、メールアドレスにはドメインを使ったメールアドレスを入力する。

Add other email2

SMTP サーバーの設定は次のようにする。

  • SMTP サーバー:smtp.gmail.com
  • ポート:465
  • パスワード:<作成したアプリパスワードを入力>

Add other email3

メールを送信して確認

実際に設定した Google アカウントからメールを送信して Google Domains で取得したドメインから送られるか確認する。

Successfull sending

受信したメールを見てみると、From に Google Domains のメールアドレスが設定されている。

まとめ

Google Domains で取得したドメインにエイリアスを設定してメールの送受信をできるようにした。個人で使用する程度だと Google Workspace に契約することなく、サクッと設定できて便利!

Footnotes

  1. Google Workspace に個人事業主・フリーランス向けプラン Individual が登場!他プランとの違いも解説   | よしづみコラボラボ